...years ago today

音楽ネタ中心の数年前のある日の出来事の記録です。CD情報が少し古くてすみません。

1952年02月22日のサム・クックとソウル・スターラーズ (The Soul stirrers)

1952年02月22日
サム・クックを含むソウル・スターラーズはハリウッドのスタジオでレコーディング。この日の録音は未発売、未完成テイクを含め多くがCD化されています。

The Soul Stirrers are an American gospel music group.

f:id:koichi65oba:20170222092623j:plain

Specialty/Fantasy 3SPCD-4437-2


1952.02.22.
 Universal Recorders, Hollywood, California

THE SOUL STIRRERS (SAM COOKE, SENIOR ROY CRAIN, PAUL FOSTER, R.B. ROBINSON, THOMAS L. BRUSTER, JESSE JAMES FARLEY)
unknown accompanied

IT WON'T BE VERY LONG [single; Specialty 824]
IT WON'T BE VERY LONG [take-2]
IT WON'T BE VERY LONG [take-3]
HOW FAR AM I FROM CANNAN [single; Specialty 824](1)
HOW FAR AM I FROM CANNAN [take-1 incomplete]
HOW FAR AM I FROM CANNAN [take-3 incomplete]
LET ME GO HOME [take-1]
LET ME GO HOME [single; Specialty 835]
JUST ANOTHER DAY [single; Specialty 835]
JESUS PAID THE DEBT [single; Specialty 845]
JESUS PAID THE DEBT [take-2]
SOMEDAY, SOMEWHERE [LP; Specialty SPS-2116]
SOMEDAY, SOMEWHERE [alternate take](2)
JESUS WILL LEAD ME TO THAT PROMISED LAND [take-1]
JESUS WILL LEAD ME TO THAT PROMISED LAND [take-2 incomplete]
JESUS WILL LEAD ME TO THAT PROMISED LAND [LP; Specialty SPS-2146]

2005年に発売された3枚組CD"Sam Cooke With The Soul Stirrers / The Complete Specialty Recordings" [Specialty/Fantasy 3SPCD-4437-2]のDisc 1には上記16テイクがこの日の録音としていますが、ディスコグラフィー"The Gospel Discography 1943-1970" [2007 Eyeball Productions,Inc.]では(1)は1951年03月01日録音とされ、(2)は登載されていません。

メンバーは"The Gospel Discography 1943-1970"のものを参考にしています。

 

参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。

 

1950年02月21日のセシル・ギャント (Cecil Gant)

1950年02月21日
セシル・ギャントはインペリアル・レコードのために4曲をレコーディング。インペリアルへの吹き込みはこのワン・ショットのみです。
"The Blues Discography 1943-1970" [2006 Eyeball Productions, Inc]ではロサンゼルス録音とされていますが、当時のインペリアルの録音状況やマトリックス・ナンバーから考えると数種類のCDの解説にあるニュー・オーリンズ録音というのが正しいような気がします。

Cecil Gant; 1913.04.04.-1951.02.04. U.S.A. [blues singer, songwriter, pianist]

f:id:koichi65oba:20170221132237j:plain

blue moon BMCD 6051


1950.02.21.
 

CECIL GANT with ORCHESTRA
CECIL GANT [piano/vocal], others unknown

IM156 WHEN YOU LEFT ME BABY [single; Imperial 5066]
IM156 BLUES BY CECIL [single; Imperial 5112]
IM156 COME HOME [single; Imperial 5112]
IM156 YOU'LL BE SORRY [single; Imperial 5066]

 

Cecil Gantの音源に関しては、かつてスペインのBlue Moon ProductionesがCD7枚にわたる徹底したリイシューを行い、この日の録音はVolume 6 [blue moon BMCD 6051]に収録されていましたが、現在は廃盤。
日本でも東芝EMI時代にインペリアル・レコードの復刻作業が行われ、1994年02月23日発売"The Essential Blues Of Aladdin & Imperial"[TOCP-8180]に全4曲収録されていました。

f:id:koichi65oba:20170221132255j:plain

"The Essential Blues Of Aladdin & Imperial"TOSHIBA EMI TOCP-8180

 

参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。

 

1951年02月21日のルーサー・ハフ (Luther Huff)

1951年02月21日
ルーサー・ハフは同じくギター奏者の弟パーシー・ハフとミシシッピ州ジャクソンでトランペット・レコードのためにレコーディング。
"The Blues Discography 1943-1970" [2006 Eyeball Productions, Inc]によれば7曲を録音し、2曲が発売されたとしています。

Luther Huff; 1910.12.05.-1973.11.18. U.S.A. [bluessinger, guitar player]

f:id:koichi65oba:20170221114730j:plain

ALBUM"DELTA BLUES-51"[AA-702]から


1951.02.21.
 Scott's Radio Service, Jackson, Mississippi

LUTHER HUFF [guitar/vocal]
PERCY HUFF [guitar]

DRC1-27 BULL DOG BLUES [single; Trumpet 141]
DRC1-28 ROSALEE [single; Trumpet 141]
THE WAYS OF A WOMAN (IS NEVER KNOWN) [unissued]
SHAGGY HOUND [unissued]
STEALING WOMAN BLUES [unissued]
PAINTER MAN [unissued]
SALTY DOG [unissued]

結局、トランペット・レコードでは同年1月10日に録音した2曲("1951 BLUES"/"DIRTY DISPOSITION"[Trumpet132])とあわせて、2枚(4曲)のシングル盤を残すのみにとどまりました。
この4曲は1990年に発売された"DELTA BLUES-51"[ACCOUSTIC ARCHIVES / City Hall Records AA-702]に収録されました(1993年Alligator Records ALCD 2702として再発)。
日本では1990年10月25日発売"JACKSON, MISSISSIPPI BLUES"[P-VINE PCD-2185]に収録されています(ジャケット、収録曲は異なりますが、Luther Huffの4曲は収録されています)。

f:id:koichi65oba:20170221114712j:plain

ALBUM"DELTA BLUES-51"[ACCOUSTIC ARCHIVES / City Hall Records AA-702]写真の人物はWillie Loveです。

 

その後、彼は1968年にAdelphi Recordsへ録音を残したとする記述も見かけますが、わたしは曲目すら見たことはありません。

 

参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。

 

1939年02月20日のキャブ・キャロウェイ (Cab Calloway)

1939年02月20日
キャブ・キャロウェイと彼の楽団は、ニューヨークのスタジオで4曲を録音しました。

Cabell "Cab" Calloway III; 1907.12.25.-1994.11.18. U.S.A. [singer and bandleader]

f:id:koichi65oba:20170220112205j:plain

"CAB CALLOWAY & HIS ORCHESTRA Volume 2: 1935-1940"[JSP Records JSP914] Disc A

 

1939.02.20. New York
CAB CALLOWAY AND HIS ORCHESTRA
CAB CALLOWAY [vocal/director], SHAD COLLINS, DOC CHEETHAM, IRVING RANDOLPH, LAMMAR WRIGHT [trumpet], CLAUDE JONES, KEG JOHNSON, DE PRIEST WHEELER [trombone], CHAUNCEY HAUGHTON, ANDREW BROWN [clarinet/alto sax], CHU BERRY, WALTER THOMAS [tenor sax], BENNIE PAYNE [piano], DANNY BARKER [guitar], MILTON HINTON [string bass], COZY COLE [drums], EDGAR BATTLE [arr."RATAMACUE"]


M970-1 LONG, LONG AGO [Vocalion4905]
M971-1 AFRAID OF LOVE [Vocalion4905]
M972-1 RATAMACUE [Vocalion4700]
M973-1 AD-DE-DEY [Vocalion4700]

 

この4曲は2003年に英国のJSP Recordsから発売された4枚組CD"CAB CALLOWAY & HIS ORCHESTRA Volume 2: 1935-1940"Disc Cに収録されています。

f:id:koichi65oba:20170126151102j:plain
 "CAB CALLOWAY & HIS ORCHESTRA Volume 2: 1935-1940"[JSP Records JSP914]

録音データなどはCDのブックレットなどを参考にしました。
参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。

1962年02月19日のサム・クック

1962年02月19日
サム・クックはハリウッドのRCAヴィクター・スタジオで5曲を録音しました。
この日の録音でアルバム"TWISTIN' THE NIGHT AWAY" [RCA LSP-2555]のセッションが終了します。

f:id:koichi65oba:20170215115145j:plain

ALBUM"TWISTIN' THE NIGHT AWAY"画像は2011年発売の紙ジャケット仕様CD8枚組"SAM COOKE THE RCA ALBUM COLLECTION"から


1962.02.19.
 RCA Victor Studios, Hollywood, California

SAM COOKE [vocal]
RENE HALL, TOMMY TEDESCO, CLIFTON WHITE [guitar], RAY POHLMAN [bass], EARL PALMER [drums], PLAS JOHNSON [tenor sax], JEWELL GRANT [baritone sax], JOHN ANDERSON [trumpet], JOHN EWING [trombone]

A WHOLE LOTTA WOMAN
THE TWIST
TWISTIN' IN THE OLD TOWN TONIGHT
MOVIN' AND A'GROOVIN'
SOOTHE ME

録音データ等は2011年発売"SAM COOKE ; THE RCA ALBUMS COLLECTION" [RCA/Sony Music Entertainment 88697898702]のブックレットを参考にしましたが、パースネルにピアニストの記載がありません。オーバーダビングでしょうか?

最後にアルバム収録曲順と録音日を記しておきます。

"TWISTIN' THE NIGHT AWAY" (release:1962.04.)
A-1:TWISTIN' THE NIGHT AWAY [1961.12.18.]
A-2:SUGAR DUMPLING [1962.02.15.]
A-3:TWISTIN' IN THE KITCHEN WITH DINAH [1962.02.16.]
A-4:SOMEBODY'S GONNA MISS ME [1961.12.19.]
A-5:A WHOLE LOTTA WOMAN [1962.02.19. ]
A-6:THE TWIST [1962.02.19. ]
B-1:TWISTIN' IN THE OLD TOWN TONIGHT [1962.02.19. ]
B-2:MOVIN' AND A'GROOVIN' [1962.02.19. ]
B-3:CAMPTOWN TWIST [1962.02.16.]
B-4:SOMEBODY HAVE MERCY [1962.02.15.]
B-5:SOOTH ME [1962.02.19. ]
B-6:THAT'S IT-I QUIT-I'M MOVIN' ON [1961.01.30.]

 

参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。

 

1936年02月18日のココモ・アーノルド (Kokomo Arnold)

1936年02月18日
ココモ・アーノルドは、ニューヨークでデッカ・レコードのためにのためのレコーディング。
1997年出版の「"BLUES AND GOSPEL RECORDS 1890-1943"4th edition」によれば、6曲を吹き込み、5曲がSP盤として発売されたとしています。

James "Kokomo" Arnold; 1896.or 1901.02.15 - 1968.11.08. U.S.A. [blues musician/left-handed slide guitarist/singer]

f:id:koichi65oba:20170218145734j:plain

AIRCD-1323

 

1936.02.18. New York

KOKOMO ARNOLD [vocal/guitar]

60514-A MILK COW BLUES - No.5 [78rpm; unissued]
60515-A I'LL BE UP SOMEDAY [78rpm; Decca 7172]
60516-A I CAN'T GET ENOUGH OF THAT STUFF [78rpm; Decca 7165]
60517-A DESERT BLUES [78rpm; Decca 7165]
60518-A BULL HEADED WOMAN BLUES [78rpm; Decca 7212]
60519-A SUNDOWN BLUES [78rpm; Decca 7172]

 

アナログ盤YAZOO L-1049を紙ジャケ仕様でCD化した画像のCD"Bottleneck Guitar Trendsetters Of The 1930s" [AIR MAIL RECORDINGS AIRCD-1323]にはこの日の録音のうち"I'LL BE UP SOMEDAY"が収録されています。
既発曲5曲は"KOKOMO ARNOLD / Complete Recorded Works In Chronological Order VOLUME 2" [document records DOCD-5038]に、未発表曲"MILK COW BLUES - No.5"は"V.A. / TOO LATE TOO LATE BLUES VOLUME 1" [document records DOCD-5150]に収録され、全曲聴くことは可能です。

 

参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。

 

1938年02月17日のスリム&スラム (Slim and Slim)

1938年02月17日
スリム・ゲイラード(Slim Gaillard)とスラム・スチュアート(Slam Stewart)は、ニューヨークのスタジオでヴォカリオン・レコードのためにのためのレコーディング。4曲を吹き込みました。

Bulee "Slim" Gaillard; January 4, 1916.01.04. - 1991.02.26. U.S.A. [singer/malti-instruments player]
Leroy Eliot "Slam" Stewart; 1914.09.21. - 1987.10.10. U.S.A. [singer/bass player]

f:id:koichi65oba:20170217120754j:plain

 

1938.02.17. New York
SLIM and SLAM
SLIM GAILLARD [vocal/guitar/vibraphone], SLAM STEWART [vocal/double bass], SAM ALLEN [piano], POMPEY "Guts" DOBSON [drums]

22318-4 THE FLAT FLEET FLOOGEE [78rpm; Vocalion 4021]
22319-5 CHINATOWN, MY CHINATOWN [78rpm; Vocalion 4021]
22320-3 THAT'S WHAT YOU CALL ROMANCE [78rpm; Vocalion 3981]
22441-2 TI-PI-TIN [78rpm; Vocalion 3981]

 

実は"THE FLAT FLEET FLOOGEE"と"CHINATOWN, MY CHINATOWN"の2曲はこの日がはじめての録音ではなく、同年1月19日のセッションでも録音されていました。
1月のセッションのテイクは1996年に発売された"SLIM & SLAM / THE GROOVE JUICE SPECIAL" [COLUMBIA/LEGACY CK64898 (U.S.A.)]に収録されました(既発テイクは収録されていません)。 

f:id:koichi65oba:20170217121239j:plain
COLUMBIA/LEGACY CK64898

 

2001年にDefinitive Recordsから発売された3枚組CD"Slim Gaillard & Slam Stewart / COPLETE COLUMBIA MASTER TAKES" [Definitive DRCD11190]には両方のテイクが収録されています。

f:id:koichi65oba:20170217121510j:plain
Definitive Records DRCD11190

 

録音データは各種CDのブックレットを参考にしました。
参考資料自体の誤り、入力ミスなどがある場合があることをご了承下さい。